17インチ鍛造マグネシウムホイル単品に今回アークバリア。

以前、車体にアークバリアしたカワサキZZR1400に装着されていたホイルで車体をやった時に、そのうちタイヤ交換するのでその時にホイルもアークバリアしてと言われていたんです・・・どうしてもバイクの場合ブレーキローターやチェーン・アームなんかが邪魔でうまく出来ないんですよ物理的に、リムだけならいいけど。今週完成・納品。

持ってみてと言われて17インチの4輪競技用アルミをもうちょっと軽くしたくらいをイメージして持ったんだけど・・・そんなもんじゃない!あまりの軽さにビックリです。

スポーク部分内側も徹底的に肉抜きされててこんなんで大丈夫なのかと思いましたがモトGPでも使われている凄いメーカーの逸品だそうで性能は折り紙つきだそうです。

値段も凄い、前後2本で38万(確か)!!


ZZR1400用・鍛造マグネシウムホイルにアークバリア中高いだけあって塗装いいです、細部も丁寧に塗ってある。







車のホイルと違って両面ある、当然だけどスポーク細いんですけど







この辺も究極に肉抜きされてる






フォージドマグネシウム・鍛造マグネの証ウチもフォージド結構あります。
フォージド・スチールですが板金工具で・笑。









4キロ、軽っ!17インチだよ17インチで4キロ!このはかりは正確ではないのでホントはもっと軽いかも。
しかし2輪の17in鍛造マグネ、このくらいは当たり前なんだろうか?