で、いよいよ取付です、車体側のビス穴にはシーリングを塗りビスで留めていきます

取付ビスも付属の+頭は使いません

SUSトルクス頭を使用し、締め付け当たり面の塗装剥がれ防止に樹脂ワッシャーも使用
これは、ボルト・ビス マニアな私の、完全に好みなだけなんだけど

オーナーさんにコレでいかない?と言ったら「いいですね」 ということで決定

+頭よりも数段かっこよく高級感もあります(まあ個人的にですが)、近づかなきゃ見えないが・・こういうところに凝るのがケイズボディーの変態的なところであります

CA390243






CA390237





Frフェンダーは1枚ものですから、ミミのあるアーチを切ってしまうとペラペラになってしまって良くないので固定ステーをワンオフで作りました、車体骨格に穴開けたくなかったんで凝った挟み込み式にしました
こんなステーはお手の物です

これには訳があって、ワイドフェンダーのこの部分が外に開きたがるにクセがあるのでアーチ後ろ下を固定しようとするとペラペラフェンダーも歪んで外に出てしまうし、何よりプラプラなんで後々破損の危険がある為です

CA390226






CA390141





CA390142







CA390143







CA390284






CA390248



とまあ、こんな風に行ったワイドフェンダー作業でした

その他、Frバンパーを86用に交換やライナーや防錆などなどいろいろありましたが、この辺で

検証途中にオーナーさんがいろいろ悩んで考えて決めたホイル・タイヤは、あえて干渉危険ライン承知でギリギリを狙ったモノでだだ今出来上がり待ち

最終ホイル・タイヤ履かせてどんな仕上がりになるのか楽しみです